浜松市で新居の家具をそろえるなら、マルス リビング プロダクツにお任せ!

「リーンロゼ」「フリッツハンセン」などヨーロッパのモダンインテリアから、「マスターウォール」「飛騨産業」など

日本を代表する木工メーカーまで、国内外の7万点の取扱商品から理想の空間をご提案します。年間約1000件の納品実績を持つmarusu living productsが、お客様の期待を越える空間を提案させて頂きます。浜松市の家具屋マルスリビングプロダクツです。インテリア・家具の最新情報をお届けします。

北欧の照明 LE KLINT入荷しました

こんばんは、松本です。

冬になり暗くなるのが早くなっているこの時期は、お家の中で明かりを灯す時間が長くなりますよね。

私がお勧めしたいのは、夜は灯りを楽しむこと。

昼間はカーテンを開けて太陽の明るい光をめいっぱいお部屋に取り込んでいただき、夜はお部屋全体を明るく照らすのではなく、やわらかい温かみのある灯りをともす、そうすることで、昼と夜で違った空間を楽しむことができますよ。

 

以前から取り扱っているデンマークのLouis Poulsen(ルイスポールセン)社に続き、デンマークのLE KLINT(レクリント)社の照明の取り扱いを始めました。当店(上新屋店)で展示している3タイプをご紹介いたしますね。

 

 

レクリントを代表する照明はこれ。このデザインは見たことがある方も多いはず。

曲線がとても美しいこちらの照明は、ポール・クリスチャンセンのデザイン。

デンマークのコペンハーゲンの空港で使われているカートも彼のデザインなのですが、どことなくフォルムが似ていますよね。

 

 

 

 

レクリントのシェードは1枚のプラスチックシートを一つ一つ手作業で、折り紙のように折って作られています。

あかりを灯すと、光と影が幻想的で美しく照明というより、天井から吊り下げるオブジェのようです。

 

 

プラスティックシートを曲線に折り上げるのってすごい技術ですよね!

 

 

 

1944年に作成されたレクリントの中でも最も繊細で精巧な作りのモデル。

計算されつくした設計と熟練の職人が生み出す形状は、どの角度から見ても完璧な美しさです。

こちらの照明をデザインしたのはデンマークモダンデザインの父と称されるコーア・クリント。

当店で展示しているモデルは、こちらの照明の生誕70周年記念のアニバーサルモデル。

 

 

通常は、吊り下げの元部分の白いパーツ部分が、アニバーサルモデルはこんなおしゃれな金具に。

こちらは、ブロンズ系カラーが渋いコッパーで、他にもゴールド系のブラスとシルバー系のスチールの3種類ございます。

 

 

最後にスタッフの間でも一番人気だったSWIRL(スワール)。

2013年、オイヴィント・スロットによりデザインされた新しいシリーズのペンダントランプです。

「スワール(渦)」はその名の通り、流れるような螺旋を描くフォルムが美しく、レクリント伝統のクラシックデザインとデザイナーの感性が見事に調和したモデルです。

どこから見ても光源となる電球が見えない構造で、やわらかくて優しい光がとても美しい照明です。

しかし、この照明の魅力はそれだけではありません!

 

 

真下から見て頂くと、まるで光のお花が咲いたかのような陰影が。本当に美しいんですよね。

これがスタッフの間でも、一番人気だった理由です。

 

 

ここからは、レクリントやルイスポールセンといった美しい照明を生み出しているデンマークの灯りについて書きますね。

一年のうち約半分、太陽のない生活を過ごさなければいけない北欧の人にとって、照明は大切なインテリアの要素。

デンマークの冬は憂鬱で厳しい。朝は10時くらいまで明るくならず、明るくなってもどんよりしているので気持ちも少し沈みがちになります。そんな暮らしの中で、家の中での生活を明るく温かく過ごそうと努力してきました。

デンマークの家具や照明が素敵な物が多いのは、家の中を少しでも快適に、そんな願いが根底にあるからなんです。

 

デンマークには、‘Hygge‘という言葉があります。

日本語に訳すのは難しいのですが、ニュアンス的には『心地よい』という感じ。照明の使い方も単に部屋を明るくするという事ではなく、‘Hygge‘な空間を作り出すことの方が大事だそう。

 

私の愛読書でもある『北欧スタイル』の2005年8月号に掲載されている、実際デンマークの家庭では、どのように照明が使われているのか特集されている写真が素敵なので、ここでちょっと参照で掲載させていただきます。

 

 

デンマークではあまりシーリングライト(天井付け照明)が使われていません。ほのかに灯されたあかりが優しく癒される空間になっています。

 

 

これ、レクリントのベテラン社員さんのお部屋らしいです。自社の照明をかっこよく使って‘Hygge‘な空間を演出していますよね。レクリントには、同じシェードでペンダント、フロアライト、テーブルライトと揃えることができるシリーズが3つあります。

ベテラン社員さんのお宅のように、同じ空間にいくつかの照明を揃えて置くと皆さんのお宅もおしゃれになりますよ!!

 

 

必要な場所に必要な灯りを灯す。それがデンマークの人々の‘Hygge‘な空間づくりに大切な照明の考え方。部屋全体を均一に明るくする照明では、決して作り出せな温かみのある空間ですね。

 

一層冷え込みが厳しくなってきた今日この頃。

少し温かい気持ちになって頂けましたでしょうか?

‘Hygge‘な空間作りのお手伝いさせていただきますので、いつでもご相談ください。

 

 

| 照明 | 10:00 | comments(0) | - |
<< 遠鉄百貨店の展示ブースは今年の営業を開始しております | 記事本文へ | 豊橋市へ円卓のダイニングセットをお届けしてきました。 >>
コメント
コメントする









PRODUCTS LIST
Grosse TVボード

Grosse TVボード

108,000円〜156,600円(税込)

005.jpg

CANDY(店頭販売のみ)

10,500円〜387,000円(税込)

DANISHI SOFA

DANISHI SOFA

62,640円〜388,800円(税込)

NAP armchair

NAP armchair

51,840円(税込)

CALENDAR
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
  • オンラインショップ
  • セール商品
  • ブランド紹介
  • サービス案内
  • 納品事例
  • 店舗案内
  • お客様の声
  • blog
  • お問い合わせ