浜松市で新居の家具をそろえるなら、マルス リビング プロダクツにお任せ!

「リーンロゼ」「フリッツハンセン」などヨーロッパのモダンインテリアから、「マスターウォール」「飛騨産業」など

日本を代表する木工メーカーまで、国内外の7万点の取扱商品から理想の空間をご提案します。年間約1000件の納品実績を持つmarusu living productsが、お客様の期待を越える空間を提案させて頂きます。浜松市の家具屋マルスリビングプロダクツです。インテリア・家具の最新情報をお届けします。

北欧の照明 LE KLINT入荷しました

こんばんは、松本です。

冬になり暗くなるのが早くなっているこの時期は、お家の中で明かりを灯す時間が長くなりますよね。

私がお勧めしたいのは、夜は灯りを楽しむこと。

昼間はカーテンを開けて太陽の明るい光をめいっぱいお部屋に取り込んでいただき、夜はお部屋全体を明るく照らすのではなく、やわらかい温かみのある灯りをともす、そうすることで、昼と夜で違った空間を楽しむことができますよ。

 

以前から取り扱っているデンマークのLouis Poulsen(ルイスポールセン)社に続き、デンマークのLE KLINT(レクリント)社の照明の取り扱いを始めました。当店(上新屋店)で展示している3タイプをご紹介いたしますね。

 

 

レクリントを代表する照明はこれ。このデザインは見たことがある方も多いはず。

曲線がとても美しいこちらの照明は、ポール・クリスチャンセンのデザイン。

デンマークのコペンハーゲンの空港で使われているカートも彼のデザインなのですが、どことなくフォルムが似ていますよね。

 

 

 

 

レクリントのシェードは1枚のプラスチックシートを一つ一つ手作業で、折り紙のように折って作られています。

あかりを灯すと、光と影が幻想的で美しく照明というより、天井から吊り下げるオブジェのようです。

 

 

プラスティックシートを曲線に折り上げるのってすごい技術ですよね!

 

 

 

1944年に作成されたレクリントの中でも最も繊細で精巧な作りのモデル。

計算されつくした設計と熟練の職人が生み出す形状は、どの角度から見ても完璧な美しさです。

こちらの照明をデザインしたのはデンマークモダンデザインの父と称されるコーア・クリント。

当店で展示しているモデルは、こちらの照明の生誕70周年記念のアニバーサルモデル。

 

 

通常は、吊り下げの元部分の白いパーツ部分が、アニバーサルモデルはこんなおしゃれな金具に。

こちらは、ブロンズ系カラーが渋いコッパーで、他にもゴールド系のブラスとシルバー系のスチールの3種類ございます。

 

 

最後にスタッフの間でも一番人気だったSWIRL(スワール)。

2013年、オイヴィント・スロットによりデザインされた新しいシリーズのペンダントランプです。

「スワール(渦)」はその名の通り、流れるような螺旋を描くフォルムが美しく、レクリント伝統のクラシックデザインとデザイナーの感性が見事に調和したモデルです。

どこから見ても光源となる電球が見えない構造で、やわらかくて優しい光がとても美しい照明です。

しかし、この照明の魅力はそれだけではありません!

 

 

真下から見て頂くと、まるで光のお花が咲いたかのような陰影が。本当に美しいんですよね。

これがスタッフの間でも、一番人気だった理由です。

 

 

ここからは、レクリントやルイスポールセンといった美しい照明を生み出しているデンマークの灯りについて書きますね。

一年のうち約半分、太陽のない生活を過ごさなければいけない北欧の人にとって、照明は大切なインテリアの要素。

デンマークの冬は憂鬱で厳しい。朝は10時くらいまで明るくならず、明るくなってもどんよりしているので気持ちも少し沈みがちになります。そんな暮らしの中で、家の中での生活を明るく温かく過ごそうと努力してきました。

デンマークの家具や照明が素敵な物が多いのは、家の中を少しでも快適に、そんな願いが根底にあるからなんです。

 

デンマークには、‘Hygge‘という言葉があります。

日本語に訳すのは難しいのですが、ニュアンス的には『心地よい』という感じ。照明の使い方も単に部屋を明るくするという事ではなく、‘Hygge‘な空間を作り出すことの方が大事だそう。

 

私の愛読書でもある『北欧スタイル』の2005年8月号に掲載されている、実際デンマークの家庭では、どのように照明が使われているのか特集されている写真が素敵なので、ここでちょっと参照で掲載させていただきます。

 

 

デンマークではあまりシーリングライト(天井付け照明)が使われていません。ほのかに灯されたあかりが優しく癒される空間になっています。

 

 

これ、レクリントのベテラン社員さんのお部屋らしいです。自社の照明をかっこよく使って‘Hygge‘な空間を演出していますよね。レクリントには、同じシェードでペンダント、フロアライト、テーブルライトと揃えることができるシリーズが3つあります。

ベテラン社員さんのお宅のように、同じ空間にいくつかの照明を揃えて置くと皆さんのお宅もおしゃれになりますよ!!

 

 

必要な場所に必要な灯りを灯す。それがデンマークの人々の‘Hygge‘な空間づくりに大切な照明の考え方。部屋全体を均一に明るくする照明では、決して作り出せな温かみのある空間ですね。

 

一層冷え込みが厳しくなってきた今日この頃。

少し温かい気持ちになって頂けましたでしょうか?

‘Hygge‘な空間作りのお手伝いさせていただきますので、いつでもご相談ください。

 

 

| 照明 | 10:00 | comments(0) | - |

遠鉄百貨店売り場より新しい照明をご紹介

こんにちは。大角です。

遠鉄百貨店の売り場に、かっこいい照明が新しく入りましたので、ご紹介します。

 

 

メイド・イン・デンマークの『LE KLINT』。MODEL320Mフロアランプです。柔らかい曲線と繊細なシェードのフォルムがとっても可愛いですね。

 

 

ソファに合わせると、より一層オシャレ感がUPします。

 

 

足元部分でお好きな角度に調節できます。

 

 

下からのぞくとこのようになっています。何でできているの??と思った方もいらっしゃると思いますので、『LE KLINT』の照明について、ちょっとご紹介します。LE KLINTの歴史は20世紀初頭。日本の折り紙に触発された、デンマークの建築家「P.V.イエンセン・クリント」によって、紙を規則的に折り上げて作る手作りのランプシェードが生み出されました。はじめはクリント家の趣味の延長として作り始めたシェードでしたが、美しいデザインと優れた機能で人気が広まっていったそうです。そこからLE KLINT社が創設されました。2003年にはデンマーク王室御用達にも選定されたそうです!すごいですね!!

それで、何で作られているかと言いますと、、、今は折り紙ではなく『プラスチックシート』なんです。

折りあげられたプラスチックシートが生み出す光と影がとても魅力的です。

 

 

こちらはMODEL311テーブルランプです。

 

 

上から見るとこんな感じです。暖かい光と影と、なんだか幻想的な雰囲気ですね。

 

 

長く厳しい冬を過ごす北欧の生活の中で生まれたLE KLINT。この冬の室内での時間を、柔らかな灯りで、心温まる時間を過ごしてみてはいかがですか。

| 照明 | 10:06 | comments(0) | - |

新しい照明を入荷・展示しました!

こんにちは、小野寺です。

4月となり、いよいよ春らしくなってきました。
当店近くの川沿いにある桜並木も徐々に咲き始めました。通る度に心がウキウキします。

そんな春の到来と共に、家具の買い替えをご検討中の方、照明選びもお忘れなく。
お部屋の雰囲気作りには照明も大事な要素です。

当店ではソファやテーブル以外に様々な照明も取り扱いさせていただいております。
今回店舗内の照明に新たな仲間が加わりましたので早速ご紹介させていただきます。


まずはシンプルなペンダントライト。こういった電球剥き出しのペンダントライトは他にもいくつか展示しております。レトロ感がたまらないですね!


こちらもシンプルなペンダントライト。サイズが小ぶりですのでどの空間にも合わせられます。いくつか並べて吊るすのもアリですね。



こちらは4つのライトがついている照明です。それぞれを異なる方向に向けることが可能ですので、単純に下方向に向けるも良し、まったく違うところを照らすも良しと様々な使い方ができます。


こちらは少し変わった形のペンダントライト。どの方向から見てもかっこ良くもあり、かわいくもあり、ユニークなライトをお探しの方には良いですね。

次からは一般的な照明とは一風変わったライトをご紹介。





えっ!?何これ!ライト!?と思われた方、こちらも立派なペンダントライトです。
光源を金属フレームで囲っており、その周りに葉が生い茂っています。
見た目には驚きますが、木漏れ日のような優しい光を放ちますので、ナチュラルテイストのお部屋にも合うかと思います。

驚くのはまだ早いです。



・・・???
もはや何がなんだか・・・という方、少し近づいてみましょう。



今度はかなり近づいてみましょう。



おわかりになりましたでしょうか(近づき過ぎました)??
さきほど緑の木漏れ日ライトをご紹介しましたが、こちらは白い紙製の葉が無数に張り巡らされています。張り巡らされて、というよりも、お買い上げいただきましたお客様が好きなように葉の開き方を調整できます。
さらにこちらの葉、中心の光源に照らされると、光触媒により空気を清浄する紙でできております!見た目だけじゃなく、なかなか賢いライトなのです。




ちなみにですが、ご来店されるお客様からのお問い合わせが多いのはこの星型ペンダントライト。かわいらしいデザインですので、リビングはもちろんですが子供部屋に使われるご家庭も多いです。

上記、数点ご紹介致しましたが、当店にはこの他にも多数の照明を取り扱っております。
ぜひご来店いただき実際に見てみてください。
 
| 照明 | 22:01 | comments(0) | - |

豊橋市へ照明をお届け

今回は、豊川市のお客様宅へ照明をいくつかお届けしました。




まずは、ダイニングのペンダントライトから。
部屋のシックな雰囲気に合っています。




こちらの照明は、3つのシェードがそれぞれ違う形をしているのが特徴です。
どことなくミッドセンチュリーの風合いを感じさせます。

シェード部分の色は、黒か白か選んで頂けます。
黒だとシックなイメージになり、白だとポップなイメージになるなど、
お部屋の雰囲気に合わせて頂けます。
どちらの色でも、ゴールドの色が入ってくるため上品な印象があります。


コードの長さを調整できますので、ダイニングから吹き抜け、階段等
様々な場所にも使えます。






続いて、リビングのフロアランプ。
TOGOソファでお馴染みのフランスはリーンロゼ社の照明です。


日本の住まいは、大きなシーリングライト一つで部屋を煌々と照らすことが多いですが、
海外は、フロアランプやデスクランプ、ブラケットなど様々な照明を必要な場所に置くスタイルが多く、
そうすることで、演出性が高まることと、必要なところだけ照らすようになるため、
まぶしすぎずリラックスして過ごすことができます。







大きな電球で、広範囲を優しく照らしてくれます。
『MAMAライト』(ママライト)という名前の通り、
お母さんのように温かい印象があります。






次は、4灯シーリングライトです。
Xの形をしており、それぞれのシェードは角度を調整することが可能です。
リモコンで調光をして頂けます。

木目と黒のコントラストが、温かくも落ち着いた印象を与えてくれます。





テレビの横に、テーブルランプも置いて頂きました。
メタリックカラーのイタリアの照明です。





灯りをつけると、上下それぞれから光りが洩れます。
直接光源が目に入ることがない構造のため、
寝室のベッド脇に置いて頂くこともできます。

カラーバリエーションは8種類もあり、お好きな色が選んで頂けます。





今回は、ナイトテーブルも一緒にお届けしました。
樹脂製のテーブルで見た目にも軽い印象で、
おしゃれに入れて頂けます。



当店にも、ペンダントライトを始め、照明を数多く展示しております。
照明をお探しの方は、是非お店に見にいらしてください!

H様、遠方からのご利用ありがとうございました!

 
| 照明 | 12:30 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |
PRODUCTS LIST
KOPER TVボード

KOPER TVボード

190,300円〜224,500円(税込)

Grosse TVボード

Grosse TVボード

108,000円〜156,600円(税込)

005.jpg

CANDY(店頭販売のみ)

10,500円〜387,000円(税込)

DANISHI SOFA

DANISHI SOFA

62,640円〜388,800円(税込)

NAP armchair

NAP armchair

51,840円(税込)

CALENDAR
  • オンラインショップ
  • セール商品
  • ブランド紹介
  • サービス案内
  • 納品事例
  • 店舗案内
  • お客様の声
  • blog
  • お問い合わせ