浜松市で新居の家具をそろえるなら、マルス リビング プロダクツにお任せ!

「リーンロゼ」「フリッツハンセン」などヨーロッパのモダンインテリアから、「マスターウォール」「飛騨産業」など

日本を代表する木工メーカーまで、国内外の7万点の取扱商品から理想の空間をご提案します。年間約1000件の納品実績を持つmarusu living productsが、お客様の期待を越える空間を提案させて頂きます。浜松市の家具屋マルスリビングプロダクツです。インテリア・家具の最新情報をお届けします。

木製家具のオイル仕上げとウレタン塗装について

こんにちは。

菅原です。

 

今回は、木製家具の仕上げについてお話ししたいと思います。

無垢材家具の仕上げ方法はさまざまありますが、主にオイル仕上げとウレタン塗装のどちらかになることが多いです。お客様からはよくオイル仕上げとウレタン塗装の違いについて聞かれることがありますし、当店で無垢材のダイニングテーブルをご購入いただく際は、ほとんどこのどちらかの仕上げ方法を選んでいただくようになります。

 

 

先に結論を言ってしまうと、どちらを選ぶかはお客様のライフスタイルや考え方によって変わり、単純に"どちらがいい"ということはありません。オイルもウレタンもきちんとした仕上げ方法で、これまで用途に合わせて選択されてきた歴史があります。双方それぞれメリットとデメリットがありますので、優劣をつけることは難しいです。

 

 

こちらのテーブルは、オイル仕上げです。

オイルは、植物性オイルを主原料として、木の内部に染み込ませることで仕上げます。木の質感を楽しむナチュラルな仕上げですね。

 

 

こちらは、ウレタン塗装。

ウレタンは、ウレタン樹脂の薄い塗膜で木部を覆い仕上げます。

 

触り心地の違いは…

触り心地を表現するのは難しいですが、撫でてみるとオイル仕上げのほうが自然な感触でしっとり感があります。木の表面には目には見えない微妙な凹凸がありますので、塗膜をつくるウレタン塗装と比べオイル仕上げではその質感を多少なりとも感じられると思います。

 

見た目の違いは…

ウレタン塗装というと、テカテカに光ったテーブルを思い浮かべる方もいらっしゃるかと思いますが、今は、ツヤ消し、セミオープンポア仕上げといって、導管以外は平滑に仕上げ導管部を2割から8割程度塗料で埋める方法があります。この仕上げにすると塗装の膜厚を確保しながら木材の特有な肌に仕上げることができますので、パッと見ただけではオイル仕上げとウレタン塗装の差はわかりにくいです。

 

メンテナンス、強度の違いは・・・

一番気になるところだと思います。

傷については、補修の仕方に差がでます。オイル仕上げの場合は細かい傷であれば、サンドペーパーをかけ、オイルを塗れば傷はなくなります。オイル仕上げの場合は木がもつ特徴を活かすことができます。

ウレタン塗装の場合はこのような補修ができません。オイル仕上げに比べて細かい傷は付きにくいですが、傷ができてもご自身では補修できません。

 

また、オイル仕上げは水に弱いです。ぬれた食器やコップを長時間置いておくと輪染みができてしまいます。ウレタン塗装はオイルに比べると強く、オイル仕上げのようにすぐに輪染みができることはありません。

ただ、輪染みができてしまっても、オイル仕上げであれば傷と同じようにメンテナンスをしていただければ綺麗になります。

 

 

オイル仕上げの場合は、食事前後のふきんがけは乾拭きが基本です。乾拭きが気になる方は、堅く絞ったふきんで拭いてその後に乾拭きしていただくのがベストです。オイルは少しづつ抜けてきます。抜けてくると、肌触りがかさついた感じになってきますが、この場合もオイルを塗りなおせばもとに戻ります。

 

 

ウレタン仕上げの場合は、10〜15年くらい使い込んでくると、ウレタンが劣化し、摩耗してはげてくることがあります。その場合は、ウレタンを一度剥がし、再度塗装する修理が必要になります。ふだんのメンテナンスは楽ですし、お金もかかりませんが、こうなった場合には修理期間と費用が必要になってきます。永く綺麗にお使いいただくには、水には強いウレタンですが、ぬれたふきんで拭いた後は乾拭きをして水分を残さないこともポイントですね。

 

 

このようにそれぞれ特徴がありますので、お客様の中で何を優先させたいか?検討して選んでいただければと思います。

家具選びでわからないことがありましたらわたしたちスタッフにお気軽にご相談ください。

| - | 11:14 | comments(0) | - |

8月24日(水)は臨時休業致します。

こんにちは、乗松です。臨時休業のお知らせです。

通常は火曜日のみの定休頂いておりますが、誠に勝手ながら8月24日(水)は臨時休業とさせて頂きます。

 

 

 

25日(木)からは通常営業(営業時間11:00〜19:00)に戻ります。8月下旬も平年より気温が高くなるようで、まだまだ暑い日が続きそうですが、お店の中は涼しいです。皆様のご来店をお待ちしております!

 

 

 

 

 

| お知らせ | 11:22 | comments(0) | - |

浜松市中区へTOGOソファをお届けしてきました。

こんにちは。

菅原です。

 

今回は、浜松市中区へ フランス ligne roset社のTOGOソファとテレビボード、ラグをお届けしてきましたのでご紹介します。

 

 

高密度ウレタンフォームを組み合わせた、ligne rosetのなかでもベストセラーソファ。発売から40年がたった今も世界中で愛され続けているTOGOソファです。オリジナルデザイン、快適なシーティング、キルト式カバーによって座り心地がよく、美しいコレクションです。

 

 

とても綺麗なブルーです。

ウルトラスエードといわれる、最先端技術を駆使して作られたスエード調人工皮革です。髪の毛の400分の1という極細繊維を用いて作られていて、機能性と耐久性、そしてメンテナンス性にも優れています。

 

 

ウルトラスエードは、これだけのカラーバリエーションがあります。上質な肌触りが特徴ですが、発色がよくバリエーション豊富なところがいいですよね。今回は、ブルーのソファにブラック系のクッションをあわせました。写真だと少し分かりにくいですが、クッションは違う生地でサイズを変えて2つおつくりしました。

 

 

 

 

テレビボードは、ウォールナット材でおつくりしました。シンプルなデザインですが、天板と前板に無垢材を使用していますので、存在感、高級感があります。AV収納の前板のみガラスに突板を貼り付けた仕様で、扉を閉めた状態でもリモコンの赤外線を通すことができます。デザイン性と実用性に優れた、評判のいいテレビボードです。

 

 

ラグは、デンマーク・コペンハーゲン郊外に拠点を置くハンドメイドラグブランドのもので、スカンジナビアを代表するデザイナーによってデザインされています。厳選された天然素材ウール、コットンでつくられています。

 

 

熟練工たちによる伝統的技法で一枚一枚丁寧に織り上げられていますので、温かみがありますね。無地でも独特なカラーコンビネーションにより、お部屋のポイントになるラグなのでおすすめです。

 

 

明るめの床材に、TOGOソファが映えますね。クッションとラグがポイントになり、バランスもいいです。

 

 

こちらのアート2点、素敵ですよね。展示会の際に仕入れたものですが、もともと限られた数しかでていないため1点ずつのみ入荷、店内展示していました。それぞれ気に入っていただき、ご購入いただきました。残念ながら今後同じデザインの入荷予定はありませんが、また別のいい出会いがあったら入荷することがあると思いますので、家具だけでなく店内所々に飾ってあるアートも気にして見ていただけると嬉しいです。"住まい"という生活空間の中で見て楽しむ、心が豊かな気持ちになれるアートはぜひ取り入れていただきたいですね。

 

 

ご提案させていただくなかでお客様と色々お話しができ、選んでいく時間を私自身一緒に楽しませていただきました。G様、この度は誠にありがとうございました。新しい空間で快適に過ごしていただけると嬉しいです。

| ソファ | 11:00 | comments(0) | - |

掛川市へTVボード・ソファ・ダイニングテーブルをお届け

こんにちは。

小野寺です。

 

今回は掛川市へリビング家具一式とダイニングテーブルをお届けさせていただきました。

 

 

まずはリビング部分から。

 

 

TVボードについては、サイドキャビネットと共にウォールナット無垢材を多用したシンプルなデザインのものを。

 

 

 

 

TVボードだけなく、同じシリーズのキャビネットを選ぶことで統一感が生まれ、同時にTVボードと窓側部分の微妙なスペースを有効に活用することができています。

 

 

前板だけでなく、天板にもウォールナット無垢材を使用したこちらのTVボード及びキャビネット。

 

 

TVボードだけでも容量は大きいですが、キャビネットも加えることでさらに収納力が高まります。

意外と重宝するのがソフトクロージングドア。

勢いよく閉めてしまった時でも、3兌蠢阿妊團織辰肇好圈璽疋瀬Ε鵑靴泙后

力任せに閉めても大丈夫。小さいお子様がいるご家庭でも安心です。

 

中央の前板部分裏面にはガラス張りがしてあり、リモコンが透過する設計です。サイドキャビネットも同様にリモコン透過します。

 

 

ソファは変形カウチタイプ。

通常の形にはない独特の雰囲気です。お選びになった生地色が白系の床にシックに映えますね。

 

こちらのソファは見た目だけでなく座りもしっかりしており、カバーリング仕様ですので、万が一カバーが汚してしまった場合は取り外してクリーニングに出すこともできます。毎日使うものですので、こういったことも嬉しいポイントですね。

 

 

リビング横のダイニング部分。

 

ダイニングテーブルをお届けさせていただきました。

 

 

通常のものとは一風変わった天板が目を引くこちらのテーブル。

丸テーパーの脚部もポップです。

 

 

天板はウォールナット無垢材を基調とし、ブラックチェリー及びオーク無垢材がランダムに差し込まれています。

普通のダイニングテーブルは1種の木材を使用したものが多い中にあって、このような複数の材が使われているテーブルは存在感がありますし、独特の雰囲気があります。

 

 

基本となる材質はウォールナット材の他、ブラックチェリー・ハードメープル、そして新たにオークが追加されました。

部屋の雰囲気や床色に合わせて天板基調色を選べるのは良いですね。

 

 

 

今回はウォールナットを基調とし、ソファはダーク系の生地色にしたことで、床や壁の白系色とのコントラストが際立ち、落ち着いたシックな雰囲気が出ています。そこにテーブル天板やチェアの材質・色で少し遊びを加えることで、クールになり過ぎないバランスの取れたリビング・ダイニングスペースとなりました。

 

様々なお打ち合わせをさせていただく中で少しお時間をいただきましたが、結果的にご満足いただけ大変光栄です。

N様、この度はありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します☆彡

 

| リビング | 17:30 | comments(0) | - |

浜松市中区へ家具一式をお届けしてきました。

こんにちは。

菅原です。

 

今回は、浜松市中区の新築のお宅に家具一式をお届けしてきましたので、ご紹介します。

 

 

こちらのお宅は、ピットリビングといって、リビングの一角を通常の床高より低く設定しています。床レベルが低いリビングは、落ち着きとくつろぎ感を生みます。天井が高くなることで空間に広がりを感じますし、心地の良いスペースとなります。段差を利用して囲むように座ることもできるので自然と人が集まり、コミュニケーションの場になったりと魅力的な空間ですね。

 

 

そんな空間にあわせるソファは、こちらを選んでいただきました。シンプルなデザインですが、座面奥行もありゆったり座れます。背もたれとアームの高さが同じなので、どの角度から見てもすっきりとした印象です。

 

 

グレーのソファにホワイトのクッションをあわせました。さわやかですね。ブラックチェリーの床やナチュラルなカーテンともぴったりです。

 

 

ラグは、デンマーク・コペンハーゲン郊外に拠点を置くハンドメイドラグブランドのものです。スカンジナビアを代表するデザイナーによってデザインされ、厳選された天然素材ウール、コットンの特性が最大に生かされています。

 

 

熟練工たちによる伝統的技法で一枚一枚丁寧に織り上げられており、心地よい手触りと北欧らしいカラーコンビネーションです。デザイン性もありつつ、他の家具、カラーとも合わせやすく、個人的にもおすすめしているラグのひとつです。

ラグは、空間のアクセントにもなりますのでソファ選びの際は一緒に考えるといいと思います。

 

 

リビングテーブルは、多機能なので、店舗に展示している画像で細かく紹介させていただきます。

まず、リフトアップ天板で手元に近づけることができるのでソファに座りながらノートパソコンなどの作業がしやすくなります。飲み物など置くときも便利です。天板下は収納スペースになっています。

 

 

更に、反対側には引き出しがついていますので収納力抜群です。サイドには、マガジンラックもついています。シンプルなテーブルに見えてしっかり実用性が考えられているデザインがいいですよね。

 

 

続いて、ダイニングセット。ウォールナット材でおつくりました。座面ファブリックのホワイトとウォールナットのコントラストが綺麗です。こちらのテーブルはセミオーダーになっており、樹種、サイズ、脚の形状を選んでいただけます。

 

 

脚は、スマートで軽快な印象の先細角柱脚タイプです。ベンチは、チェアと同じシリーズであわせておつくりしました。

 

 

こちらのチェアも、個人的におすすめさせていただいているものです。シンプルですが、存在感があって、座り心地もいいですし、なにより軽いです。ダイニングチェアは、毎日使うものなのである程度軽い方が使いやすいですよね。軽いと強度が、と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろん強度のことは考えつつデザインされていますので安心していただければと思います。

カバーリング仕様なので、汚れの心配も軽減されます。カバーのみの購入もできますので、季節や気分によってカバーだけ替えるのもいいと思います。

 

 

日当たりのいいLDKで、素敵なお宅でした。そして、家具が入り更に素敵になりました。今回のお客様はご新築完成の半年前頃に、3Dシミュレーションを使いながらお打合せさせていただき、こちらの家具を選んでいただきました。私自身もお届けまで楽しみでしたし、実際納品にお伺いできることは有り難いことだと思っています。喜んでいただけた姿をみれるのが何より嬉しいですね。家具によって、室内環境や雰囲気は変わります。快適に心地よく過ごしていただけることがわたしたちにとっても喜びになります。T様、この度は誠にありがとうございました。

| トータルコーディネイト | 11:32 | comments(0) | - |
| 1/72PAGES | >>
PRODUCTS LIST
KOPER TVボード

KOPER TVボード

190,300円〜224,500円(税込)

Grosse TVボード

Grosse TVボード

108,000円〜156,600円(税込)

005.jpg

CANDY(店頭販売のみ)

10,500円〜387,000円(税込)

DANISHI SOFA

DANISHI SOFA

62,640円〜388,800円(税込)

NAP armchair

NAP armchair

51,840円(税込)

CALENDAR
  • オンラインショップ
  • セール商品
  • ブランド紹介
  • サービス案内
  • 納品事例
  • 店舗案内
  • お客様の声
  • blog
  • お問い合わせ